読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

KAZZのブログ

KAZZ(カズ)はエリック・カズからです

「愛し愛されて生きるのさ」のセリフの考察

前置きは割愛。

 

愛し愛されて生きるのさ(セリフ部分)

家族や友人たちと

並木道を歩くように 曲がり角を曲がるように

僕らは何処へ行くのだろうかと 何度も口に出してみたり

熱心に考え 深夜に恋人のことを思って

誰かのために祈るような

そんな気にもなるのかなんて考えたりするけど

 

 

まず、「並木道」とはいちょう並木のセレナーデにおけるいちょう並木を指すと考える。

いつかはじめて出会った いちょう並木の下から

また、東京恋愛専科の

東京タワーを過ぎる急カーブを曲がり

あっという間海が見えりゃ気分も晴れるでしょう

や、さよならなんて云えないよの

左へカーブを曲がると光る海が見えてくる

僕は思うこの瞬間は続くといつまでも

という歌詞のように、小沢健二の歌詞に度々出てくる「曲がり角(カーブ)」というのは同一のものであると思う。

ある光でも、

この線路を降りたら海へ続く川 どこまでも流れるのか?

と「海」が希望の象徴として描かれている。

 

つまり、前半部分は

(家族や友人といった)大切な人と、(出会いの場である)並木の下を歩くような、(希望の海へと続く)曲がり角を曲がるような、そんな人生を歩んでゆくのか(=僕らは何処へ行くのか)と何度も(口に出して)考えている

という意味であろうと考える。

 

次に、「熱心に考え 深夜に恋人のことを思って」に続く「誰かのために祈るような」の部分だが、私は、恋人のためではなく「誰かのため」に祈るということに違和感を覚えた。なぜ恋人のことを思っているのに、その恋人が「僕(=小沢健二)」ではなく「誰かのため」に祈るであろうと推測しているのか。

この矛盾を解き明かす為には、区切り方を変える必要がある。

 

「熱心に考え 深夜に恋人のことを思って/誰かのために祈るような」ではなく

「熱心に考え/深夜に恋人のことを思って 誰かのために祈るような」であると考える。

 

そうすると、

「『深夜に恋人のことを思う』ことや『誰かのために祈る』ことを熱心に考える」となり意味が通じる。つまり、先程の「家族や友人たちとの未来」のように、恋人や誰か知らない人のことを心配し憂えていることを表していると思う。

 

 

実は、このセリフには「You've got to get into the groove.」という英文が続いている。この英文を直訳すると「貴方は最高潮になり始めた(完了形)」となります。

 

以上のことをまとめると、

「家族や友人と歩む人生のことや、恋人や知らない誰かのことを心配してしまったりするけど、貴方は最高潮になり始めた」

 

はい、あとは自分で考えてください。すいません。